UIColor変換ツールを作りました

JavaScriptでUIColorを変換するツールを作りました。
このページはサポート用途を兼ねます。

使い方の説明を閲覧したり、私に意見等のコメントを送るにはページ下部まで進んでください。

PRECO UIColor Generator
ツールを見に行く

スポンサードリンク
↓ 記事の続きはこちらから

このツール何なのさ?

UIColorは、Objective-Cや、Swiftといったプログラミング言語を使って、MacOSやiOS用のプログラミングを行う時に呼ぶ関数です。
「俺は好きな色を指定したいのよ!」という時に使います。

RGBそれぞれの値を0.0から1.0までの範囲で指定するので、単純な計算で算出できずなかなかに面倒くさい。

そこで「10進数やら16進数やらのRGB値からパパッとコードに変換してくれるツールとかあったら素敵じゃね?」と思いました。

ところが、プログラム内に専用の変換関数を用意する形式が主流らしいので(?)、黒魔術めいた事をやりたくない時の為に自分で変換ツールを作りました・3・

使い方

名前は「ぷれこ UIcolor ジェネレータ」と読みます。
JavaScriptで作ったので、ブラウザのJavaScript動作を許可して利用してください。

  • まず言語をラジオボタンで選択します。
  • 10進数をRGBそれぞれ0から255までの値で指定するか、3桁もしくは6桁の16進数で色を指定します。
  • それぞれの欄の Generate!! ボタンを押すと、選択した言語のコードが出力欄 (generate output)に表示されます。
  • 使いたい箇所にコピペしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。