Project DIVA MEGA39’sを遊んでみる

Nintendo Switchのソフト、
Project DIVA MEGA39’sの体験版がありました。
というより、既に製品版のダウンロードができる状態でした。

今月だったのか!
今月はもう趣味に資金をまわす余裕が無いぞ!
(アンテナの低い男 和氏之璧)

私を音ゲーに引き込んだシリーズの続編やで!
・・・という事で体験版を遊んでみることに。

元の画像が大きいので縮小しています
スタンダードなアーケードモード

MEGA39'sのアーケードモード操作方法

シリーズ初代(PSPのやつ)から遊んでいるので、
ゲーム系のニュース記事ではじめて写真を見た時から
「〇×△□じゃなーい!」と違和感バリバリだったのですが、
私としては、遊んでみるとそんなに気になりませんでした。

〇×△□じゃない画面のミクさん

朗報(?)
いつものマークにもできるみたいです。

過去シリーズでおなじみの〇×△□にも変更可能

逆に遊びにくいかもと思いましたが、手が覚えているので普通に遊べました。
欲を言えばデュアルショック(プレステのコントローラー)で遊びたい。

MEGA39’sの曲は
Future ToneにもDLCが来るらしいので、
どうしてもデュアルショックで遊びたいなら
そっちを取る手もあるにはあるのかな。

MEGA39’sもキャラクターモデルを一新したらしいので、
華やかになっている印象でとても良いと思います(正直者

本作のウリ(?)のミックスモード。

この操作に慣れた頃には新作が出ているかもしれないね・・・

・・・と、思っていたら、
コントローラーを傾けて遊ぶものを、
振って遊んでいたので、うまく遊べなかったようです。

ミックスモードは振ってあそぶものでは「ない」(重要)

振って遊んだら楽しそうなので少し残念・3・

振る操作だと、「Wiiのコントローラーでテレビ割った」みたいな人が続出しそうだけど。
(あれは社会現象の一種なのだろうか? というレベルで、Wiiコントローラーと画面破壊がセットで語られていた気がする)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください