聖戦の系譜をゆるく遊ぶ-23

Nintendo Switch Onlineのスーパーファミコンのやつで、聖戦の系譜をゆるく遊んでいきます(第23回)(最終回)

この記事には、ファイアーエムブレムシリーズのネタバレがありますよ。

スポンサードリンク
↓ 記事の続きはこちらから

縛りプレイのルールなどを記載した第1回はこちら
第1回を見に行く

終章 最後の聖戦(3)

この日記記事を意識して、「うひゃあ、仲間がもうこれだけしかいないよ!」とか言いつつ、みんなでフリージ城を守りつつバッタバッタと倒されていく鬼畜展開も少しだけ考えましたが、そこはぐっと我慢。

あくまでリセットなしで真面目に遊んだ結果のロストなのです。

なんとか引き返してきたセリスで、からくもイシュタルを討伐。

こちらの神器使いがセリスしかいない以上、主人公が負けたらゲームオーバーという話を置いておいても、セリスで倒せなければ全滅以外ないのであります。

イシュタルを倒すセリス

そしてスリープ(いつもの

・・・ではなく、

たまにはスリープの杖をこっちが使う

この魔法には辛酸をなめさせられていましたが、今回はこっちからいくぜオラァ!
(1回使うと壊れて、1振りの修理費が神器以上という貴重品)

「こっちを攻撃してはくるけど、倒してはいけないあのひと」(いまさらのネタバレ回避)を倒さないために、3ターンをほど眠っていただき、そのすきに数少ないメンバーは横を通り抜けていきます。

ヴェルトマー城を制圧。

ヴェルトマー城を制圧

おつかれさまでした、ファイアーエムブレム聖戦の系譜(完)

トラキア776もNintendo Switch Onlineで遊べるようになると良いですね!

・・・はい、すいません。
後は出来レースすぎるのですが、もう少しだけ続きます。

ラスボス城の前に陣取る、謎の十二魔将たちを削っていきます。
正直、このマップの中ではかなり気楽な場面。

最後の戦いに臨むセリス

十二魔将はそれぞれ別のユニットですので、ガチな戦闘キャラもいれば、盗賊みたいな数合わせで仲間に加わったようなやつもいます。社会の縮図やね。

20100ゴールドを敵にとられる

その盗賊から20100ゴールドとられた様子(所持上限額の4割くらい)
全額ボッシュート。
もうゴールドを使う機会もないのですが精神的ダメージはでかい。

盗賊に攻撃されたターンに倒したので、本来であればゴールドをとられた事そのものが腑に落ちないのですが、奪われすぎじゃないですかね(白目

ゲームの正しい手順として用意されたボスの倒し方だと簡単すぎて、あえて使わない人までいるほどなんですが、今回はそんな事を言っていられる戦力がまったくないので正攻法でクリアします・3・

クリアしたのでみんな集合

というわけでクリア。
本当はもっと沢山の仲間に囲まれて盛大にお別れ会をするのですが、
脱落者と廃墟を生みまくりながらなんとか勝ったので、
この通り寂しい感じに・3・
(エンディングの進行上、セリスと残り2キャラはここに映らないのであと3人いる)

シャルローのいないトラキアなど帰りたくはない

・・・ごめん、ハンニバル。
(シャルローはこの章で倒されて脱落)

クリア後の評価画面。

総合評価D

このゲームのプレイ評価はかなり辛口(らしい)ので、順当ではありますが、さっぱり評価されていません。

何周かまともにクリアした上での開き直り縛りプレイなので、こんなものでしょう(いいわけ)

ハードが壊れて遊べなくなったとか、単純に飽きたとかで、まともに完走したゲーム攻略日記記事って実は無かったのですが、辛くも初の完走を達成しました。

今回のゲーム、「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」は、Nintendo Switch Onlineのスーパーファミコンのやつで遊べます

この記事を読んでいるあなたの手で真のハッピーエンドを確かめてくれ!(むかしのゲーム攻略本のような締めくくり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください