聖戦の系譜をゆるく遊ぶ-10

Nintendo Switch Onlineのスーパーファミコンのやつで、聖戦の系譜をゆるく遊んでいきます(第10回)

この記事には、ファイアーエムブレムシリーズのネタバレがありますよ。

縛りプレイのルールなどを記載した第1回はこちら
第1回を見に行く

第五章 運命の扉(2)

いまはいらないけど、子世代でまた必要になる。
そういうアイテムは中古屋に売っておけば、親から引き継げないにしても購入できるのでは?

・・・そう思って試してみましたが、結論としては中古屋の品揃えがリセットされるので無理でした。

中古屋「どのもちものを売るんだ?」

ここでプレイヤーがほとんど干渉できない大きなイベントが発生しますが、ネタバレはほどほどにしておこう(今更)

減るところまで仲間が減ったシグルドたちは、砂漠に足をとられながらの移動です。
崖の上から超遠距離攻撃してくる敵の攻撃を甘んじて受けなければなりません。

スリープの杖で眠らせてくるやつまでいて、数でゴリ押しする戦法も使えない現状ではせめてシグルドが眠らない事を祈るのみ。

シルヴィア「なんで・・・あたしが・・・・」

移動の最中にシルヴィアが魔法にやられて脱落。
踊り子の脱落により1ターンに1回しか動けなくなったので攻撃力も大幅に低下(超痛い)

ドラゴンナイトの部隊が迫ってくる中、かろうじてフィノーラ城の制圧が間に合います。

スリープを受けたブリギッド

飛行ユニットに絶大な攻撃力を持つブリギッドはスリープを受けて行動不能。
杖使いを遠くに逃がしつつ、城に立てこもるシグルドで追い払うしかありません。

ふふふ・・・あわれなヤツよ・・・

敵ボスにまで「あわれなヤツ」扱いされるシグルド。
・・・異論ありません・3・

一方、ブリギッドは動けないまま敵の標的になり脱落。

ブリギッド「これまでか・・・っ!」

もし動けていても、
ドラゴンナイトとの戦いで壁になってくれる仲間がいないので、最終的にはこうなっていたのかもしれない。

泥仕合の末、ドラゴンナイト達をなんとか撃破。

トラキア兵と戦うシグルド

最終決戦もティルフィングを持ったシグルドが突っ込んでなんとかしました(そうとしか言いようがない)

最後に残った5人

凱旋するシグルドたち

後は味方の脱落もなく親世代編をクリアしました。
リセットなし、全員代替キャラしばりのプレイはここからが本番だ!

親世代クリアまで進められてよかったね(本音)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください