聖戦の系譜をゆるく遊ぶ-08

Nintendo Switch Onlineのスーパーファミコンのやつで、聖戦の系譜をゆるく遊んでいきます(第8回)

この記事には、ファイアーエムブレムシリーズのネタバレがありますよ。

縛りプレイのルールなどを記載した第1回はこちら
第1回を見に行く

第四章 空に舞う(2)

次の進軍ルートは、本城から出発しなおす事になるので、前もってワープさせておいたのですが、イベントのNPC軍 vs NPC軍のイベントが終わるまで通せんぼです・3・

先に進めないシグルド達

ペガサスナイト同士の戦いはなかなか見応えがありますが、弓を使う騎士団バイゲリッターが加勢することでほとんで出来レースに。

マーニャ隊とバイゲリッターの戦い

バイゲリッターを率いるボスキャラが(ほとんど一方的にペガサスナイトを倒していく様子を指して)「トンボとりをしているようだ」と嬉しそうに語るシーンのインパクトは多大なものがあるのですが、見る事ができませんでした。

乱数やら敵を倒すタイミングが悪かったのかな?(ボスが倒した時がイベントのキーになるとか)

バイゲリッターがあるかぎり天馬騎士などおそるるにたりん

NPC同士の戦いが終わるとトーヴェ城を攻めるため、ペガサスナイトの群れが飛んでいきます。

ワープさせてまでトーヴェ城から本城に人員を送りまくったのですが、むしろトーヴェ城の守りを固めるべきでした。

慌てて防衛隊を送ったものの、焼け石に水。

デュー「ドジふんじまったなぁ」

デューとミデェールがここで脱落。

ミデェール「シグルド様、申し訳ありません」

すっかり変わり果てた姿のトーヴェ城。

原型を留めないトーヴェ城

レックスもやられかけたけど、本城を守る役割の関係上、リターンリングを持っていた事で急死に一生を得ます。

城にもどるコマンドで離脱

やっかいな武器を持っている敵だらけのレイミア隊。

本来なら騎馬兵の移動力に期待したヒット&アウェイ戦法で戦いたいところですが、
脱落者が多すぎでいよいよ前線がスカスカになってきてきました。
もはやシグルドが先に倒れるか、敵を倒すかのゲームに。
(厳密にはレヴィンのフォルセティもありますが)

シグルドとレイミアの戦い

ティルテュも、その隙間を縫うように複数の敵に攻撃されてしまい脱落。

ティルテュ「やんなっちゃう」

そんな感じで脱落者を出しまくりながらも四章をなんとかクリア。

残りの戦力が心もとないですが、親世代の最終章へと向かいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください