「夢をみる島」をクリアしたので感想とか

Nintendo Switch版 ゼルダの伝説 夢をみる島をクリアしました。
実はゲームボーイ版は遊んだ事が無かったので、夢をみる島初プレイでもあります。

ここは「ゲームを作ったり遊んだりするブログ」ですので(焼肉王さん観察ブログではない・3・;)
クリアしたゲームの感想くらいはちゃんと残していきましょうねえ・・・

注)この記事には「ゼルダの伝説 夢をみる島」のネタバレがありますよ。

使用しているスクリーンショットはすべて、Nintendo Switch版 ゼルダの伝説 夢をみる島のものです。

世界について

このゲームはフィールドをうろつくだけで楽しいです。
まるでミニチュアの世界を探検しているようで、思わずスクリーンショットを撮る場面が何度もありました。

元々ゲームボーイからの移植という事もあって、目が肥えた今の目線だとフィールドもやや狭い印象。

上記の通りグラフィックは大変素晴らしいので、欲を言えば、この世界観でもっと色々な場所に行ってみたかったです。

夢をみる島 ゲーム画面_フィールドを歩くリンク

ゲームについて

「このゼルダって、剣からビーム出ないの?」
・・・と、思いながら、初期の剣を強化せずにクリアしちゃいました・3・;

そもそも剣が効きにくい敵がザコにもいたり、アイテムで攻撃した方が効果的ってのも多くて、そんなに困りはしませんでしたが。

夢を見る島_クリア前の持ち物

スクリーンショットはクリア前の持ち物。
ハートのかけら探しとか貝探しとかあんまりやらなかった。

歳をとってくるとアクションゲームに対する反応速度が衰えるより先に、RPGを遊ぶ根気が無くなっていくのさ・・・
それでもクリアまでガッツリ遊べたゼルダはすごい。

ゲームボーイ版は貝20個と新しい剣を交換できたらしいので、そこは入手方法が変わったぽい?

3D化の弊害とでも言いましょうか、
あるダンジョンへの入り口(よく見るとまわりと違う)が解りづらかったとか、ダンジョンで南側(画面下)の壁のヒビが見えにくかったりとかしました。

ゲームボーイのドット絵の表現だったらまた違う印象(移植で3D化した事で、移植元より表現がわかりにくくなる例はまれによくある)だったんだろうなと思う部分もあったりはします。

ストーリーについて

なぜ主人公(リンク)が敵と戦うのか・・・というか、なぜ敵がリンクに襲いかかってくるのかが、物語の根幹に関わっていて面白かったです。

敵側にも主人公を止める理由があって、「かぜのさかな」(以降「風の魚」と記載)を目覚めさせると世界がなくなってしまうという事をプレイヤーは早い段階からつきつけられてしまいます。

不穏なセリフとともに現れて散っていくボスキャラ達の様子は、本当にこのまま進んで良いのかと不安になるには十分でした。

夢を見る島_プレイヤーを導くフクロウ

プレイヤーの導き手となるフクロウの正体はとても上手いと感心しました。

「ハッハばかめ!きさまは俺様が真の姿に戻るための操り人形だったのさ。ずばばばばば!」(ラスボス)
という展開もありうると予想していたのと(そういうハートフルボッコ物語とかたまにあるし、自分も書きそうだし・3・)

プレイヤーが行った世界への破壊行為という小さくはないネガティブさは、後味の悪さとしてゲームクリア後に残りかねないのですが、

風の魚は自分が目覚める事を望んでいた。
プレイヤーは風の魚の導きで世界を旅した。
・・・と示された事で、
目覚めた風の魚が空を飛ぶエンディングは、晴れやかな気持ちで見る事のできる救いへと昇華した気がします。

あの後、リンクは無事に帰れたのかな・・・とか野暮な事を考えたりもしますが、
主人公ちからでなんとかなるはずです(てきとう

最後に

ゲーム的な体験も、ストーリーも、遊んで良かったと思って終われるって大事ですよね(厳密にはやりこみ要素もあるのですけど)

だから「ゼルダの伝説 夢をみる島」は良いゲームでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください