The Outer Worldsやろう

記事のタイトルに反して、序盤はSEKIROの話をします・3・;
ダクソ2やれ!
フロムゲーをSEKIROから始めたのはあるいみ正しく、あるいみ間違いだった。
なんでじゃ!!!!!

ダクソ3はカスタマイズの幅が広かったので、
あれはあれでアリだが、

SEKIROの方は主人公は忍者と決め打ちしたおかげで、
序盤から奇抜な動きができて戦闘が楽しい。

ゲーム内容としては
わりと突然変異レベル・3・;

せきろは楔丸がだめ
名刀(笑)

SEKIROの主人公が使う刀。
サブウェポンは切り替えできるが、メイン武器は楔丸で固定。
攻撃力だけが武器のステータスではなか!

あんだけ酷使して壊れんからスゴイのよ!
名刀!!

ソウルシリーズの刀は軽いけど耐久が低い武器だった
新しいゲームを始めたいなら、アウターワールドをやろう。
Steamでは、初登場していきなり半額という神采配。

FPSきらい
キャラがうつらんといかん
じっさい、この手のゲームはどうしても
TES(Skyrimのやつ)やFalloutシリーズと比較されてしまうが、
FPS視点専用という点がユーザー評価で割をくってる感ある・3・

自分もそっちはTPS視点で遊ぶので最初抵抗があったが、
キャラの成長方針が銃撃戦メインということもあってか割と慣れた。

接近戦メインで育てたい場合はしらぬ。

ウフ
なんじゃ!!!

PC版はEpic Gamesというところで1年専売になる予定だったが、
非難轟々だったせいか、Steamでも発売日に買えた・3・

その関係で登場していきなり半額という采配になったのかもしれん。

ンモー
TPS視点がだめというなら無理には勧めぬが、
Falloutシリーズっぽい雰囲気とプレイ感でかなり面白い。

開発のObsidianはFalloutシリーズとも関係が深い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください