粗大ごみ申請画面に見るバッドUI

記事タイトルと画像はあんまり関係ありません・3・

とんぼとりをする焼肉王

なんじゃ!!!!!!
ちゃんと調べたらセリフが違った・3・

ニコニコ大百科:トンボとり
ニコニコ大百科の解説ページを見に行く
フッ
なんじゃ!!

引っ越すので粗大ごみを出そうと思った訳ですよ。
和氏之璧
引っ越しの儀式
受付の業務を緩和させる為か、
いきなり電話ってのはできなくて、
Webの入力画面で

  • 住所と連絡先
  • 回収してもらいたい物の指定と、回収費用の算出
  • 回収日

・・・が指定できるようになっていた。

現代的・3・
後で「やっぱ棚とかも持っていってもらいたい」と思ったので、
内容の確認や編集ができるところから、品目を増やしてみた。

すると、元々予約をしている日を指定しているにもかかわらず、
「その日はもう回収予約がいっぱいだから別の日にせい!」
と、エラーメッセージが出て入力を完了できなかった・3・;

1回で申し込みできる数には上限があるらしいが、
それには到底抵触していない。

2回に分ければいいでしょ!!!
たぶん初回の予約も、予約変更も、
受付可能かの判定を同じプログラムでやっているので、
こんな事になっているのだろうと思う(考慮の足りてないプログラムにありがち

これがバッドUIというやつだな・3・;

その結果
回収員は2度手間になるのね
あわれ
たぶん同じような事例がたびたび起きていて、
都度、2度手間っぽい事が起きているのだと思う・3・;
かわいそうでしょ!
ちゃんと1回で入力せい!!
冷静に考えれば、
1回目の依頼で不用品を出して、部屋の空きスペースを増やした方が、
2回目の依頼のごみ(棚)を解体するスペースを確保できるので、
回数を分けた方が都合が良いという結論に至った。

そうしろという事だろう(都合の良い解釈)

ギロ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください