グリーン・インフェルノを見た

注意)
この記事には進撃の巨人の(特に最新ではない)ネタバレがありますよ。
ホラー映画のレビューを含むので苦手な方は注意してください。(怖い画像とかは無いです)
グリーン・インフェルノという、
進撃の巨人の作者が10日ほど肉が食えなくなった(らしい)
いわくつきのホラー映画を見る事になった。うっ。

スポンサードリンク
↓ 記事の続きはこちらから

ミケ(調査兵団の匂いの人)が巨人に食われるシーンの
「やぁだああやめてえええ」はこの映画を元ネタに生まれたらしい。

ミケがすきな焼肉王さんは見るべきではないか

ミケすき
グロきらい、医療ドラマでも見るのが苦痛レベル
経済国の意識高い系「我々が消えゆく部族を救うんだ」
その救おうとした部族の食料となることで貢献・・・という流れが
実に皮肉が利いていると思う・3・;

実際レビューなんかを見ると、
部族側は快楽で殺人をしているのではなく、
食事が目的という点は意識して視聴すべきとある。

グロ好きは中二病である(焼肉王調べ
自己紹介ね
ハンネスさんが食われるシーンも好き
ブーメランせんとよ!
~~~ 翌日 ~~~
グリーン・インフェルノを見たぞおおおおおおおお

あくまで食事目的という事もあってか、思ったよりグロ描写は控えめだった。
話の主体はそういうのより、価値観というものについて考えさせられる系だった。

おばちゃんとか女の子が淡々と料理しているシーンとかは妙な迫力があったけど、
ホラー映画にありがちな、犯人が手のこんだ方法でじっくりじわじわ・・・みたいなのが無くあっさりしていた。
(ある理由で刑罰のようなものを受けたキャラがいるけど直接の死因ではない)

いまゼノブレイド2
どちらかというと、航空機の事故シーンの方が自分にはきつかった。

伏線が結構丁寧に利いていたので、
「何故このキャラはこんな行動を取ったのか」と
なんとなく納得できるシーンが多かったり、
あれも伏線だったのかと驚くシーンもあった。

グロ映画が見たくてたまらない人には物足りないだろうが、
自分的には思っていたよりも1本の映画として楽しめた・3・

いまゼノブレイド2といっとるでしょ!こつ!
よそでせい!

たぶん「怖いのでもう話すな」という意味と思われる。
~~~ 夜 ~~~
焼肉弁当が30%引きだったので今日の夜ごはんとなった。

「肉を10日くらい食えなかった」は、いくらなんでも盛りすぎではないか。
(感じ方には個人差があります)

もしグリーン・インフェルノを視聴される際は、
「肉を10日くらい食えなかった」人もいた事を踏まえて
自己責任でお願いします・3・;
フッ
なんじゃ!
いいたいことがあるならいってみい!
焼肉王の焼肉になりたいとか!

焼肉焼肉王(ゲシュタルト崩壊

もっと いいものを たべなさい

お見合いの相手「昨晩は何を食べられたので?
和氏之璧「30%引きの焼肉弁当です
お見合いの相手「衛兵!こやつをつまみだせ!
部下「ハッ!ずばばばば!
和氏之璧「ぐげーっ!

土日くらいはといういみよ!(毎日いいものをたべろという意味ではない

うっ(一理あるというかお
まあ安くてもうまい弁当とかは当然あるとおもうが
%引きは基本作って時間が立った奴だとおもうので・3・;
パンとかだと真の作りたてはうまいが、
弁当みたいに帰ってからレンジでチンする系のは
正直値引きシール貼ってても味はそんなに変わらんと思う(持論
レンジでチンするとまずくなる派ぞ!
電子レンジ特有の熱し過ぎた感がでると悲しいかんじになる
ほどほどにせい!
タンパク質は、温かいと感じる温度のほうがうまいと証明されておる!
レンジで温めるとうまいと書いてあったパンは
レンジでチンしたらつぶれてベチョベチョになり
しかも熱くて持てなかった
和氏之璧ゆるさん!
しらん!
だが、同じ経験はある・3・;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください