ボコスカウォーズと焼肉王さん向けTRPG

最近で一番気になっているゲーム関連ニュース。

30年の時を経て「ボコスカウォーズ」の続編が発表。
4gamer.netの関連記事を見に行く
うっ確率ゲー

スポンサードリンク
↓ 記事の続きはこちらから

ボコスカウォーズ(ファミコン版)の動画。

雑誌とかでクソゲー特集をすると大体名前が出てくる。
ただし、遊び方を理解すると評価が変わるタイプのゲームだと思います。

戦闘(味方ユニットと敵ユニットが重なる)が始まると、必ずどちらか片方が勝ち、片方はロストする超シンプル仕様。

ユニット毎に役割が異なり、
ボスと戦って勝てる可能性がある(他は必ずボスに負ける)
捕虜の牢屋をこじあけられる
即死罠を無効化できるといった違いがあり、
更に背後から攻撃すると勝率が上がるといった戦略要素も存在。

成長の要素も存在し、戦いに勝つ毎にキャラクターが強くなります。
(限界まで育てても負ける時は負ける)

生まれるのが早すぎたストラテジーゲームと評価している記事があり、なかなか的を得ていると感じました。

パソコン版は大群でスタートするので見応えがあります。
一方ファミコン版はハードの制約上から、主人公だけでスタートし、道中で木に変えられた仲間を探すギミックでアレンジされています。

TRPGの話になるが、焼肉王さんみたいなのを退屈させる前に終わらせるには、
これくらいさっぱり「成功して生き残った」「失敗して死んだ」くらいの両極端なスピード判定で良いのかもしれないと少しだけ思った。
短期集中決戦よ
前フリあってこそのボス戦ではないのか。うっ。(しおれがお

さすがにもう少しイベントとか欲しいべと思って、
イベントもあっさり何が起きた、良い事が起きた、悪いことが起きただけ伝える程度にはあっても・・と肉付けしていったら、
なんかサイコロフィクションぽくなってきて、焼肉王さん向けにするほど、シロクマさん向けじゃなくなってきたジレンマよ!

あれは TVゲームと かわらん
うっ サイコロフィクション嫌われすぎ問題。

片方の無理を是正しようとすると、片方に無理が生じるジレンマよ。おお・・おおお・・・

焼肉王さんに根気が無さすぎるのが悪い。
具体的には折角1万3000円も出して買ったRPGツクールを、移動も戦闘も選択肢も無いゲーム(?)を1個作って放り出すくらい根気が無い。

やつのはなしはよせ!(にらみがお
根気 鍛えろ
根気 鍛えろ

騎士道オブ根気

しらん!(一喝
焼肉星人を地球人とおなじ感覚で扱っている事にそもそもの無理があったのだ!

おれはしょうきにもどった!

いかり!

はやりものの人狼でもやってみてもいいんじゃなかね(建設的意見

人狼がどんなゲームか知っているとね!
しっとる!(一喝
じゃあ聞くが、スタートが4人+親って人数少なすぎじゃね・3・;?
前に友達4人でやったときは ゲーム性がだいぶおちていました うっ
あてずっぽうでも3割超える確率であたる・3・;

推理ゲームの1巡目にしては、ヤマカンの正解率が高すぎるとしか言い様がない。

あと別に人狼がしたいわけではないので本筋から外れんとよ!

しらぬ!(一喝

ねます

アバーッ!

・3・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。