オルフェンズ24話の感想-2

(注)この記事には「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のネタバレがありますよ。

PART1はこちら

橋から落ちてぬわーしただけのライドはたぶん生きてるだろうが、
姐さん2人は遠くで見てたヤマギとメカニック姉さんに
「まさかあの2人が」されたのでかなり絶望的ぞ!
いきてたらあんたひゃくまん払うのよ!

片方だけいきてたらごじゅうまんでいい(謙虚

言うとおりどっちも死んでたら何も払わなくて良い(慈悲

ことわる(明確な拒絶

なんで予想しただけであんたに金を払うの払わないのという話になるとね!
喝!!!!

分の悪い賭けは嫌いじゃないといっていたきがする
南部響介(いみしん

当たってたらあんた100万くれるとね

払わぬ!!!!

100万払うかもというスリルを味わえるでしょ!
それが報酬よ!

しっしっ!(この話は無効だという顔

スポンサードリンク
↓ 記事の続きはこちらから

今のマキブではGセルフが最強らしい

富野信者の開発がやりすぎてしまったのか
おおお・・

逆に修正くらって弱くなりそうなパターン

信者とはいうが、ぽっと出て消えていくアニメの便乗キャラゲーならともかく、
ガンダムゲーの開発でガンダム興味ないとか逆にすごいと思う・3・

ナルトの家庭用のゲームの開発してるところは、社員が原作を好きになるようにという配慮で、休憩室に原作が各巻何冊かずつ用意されているらしいわよ!

ちゃんと調べたら各巻15冊らしい。ぱねえ・3・;

サイバーコネクトツーの松山 洋氏が語った「ナルティメットストーム」における“アニメとゲームの華麗なる融合”。
4gamer.netの関連ページを見に行く

バルバトスのキャノンが強いので射撃だけする三日月くんが大量らしい

悲しい

原作で射撃控えめなのは遠距離戦で効果が薄いからだし、
効くなら射撃してもよいと思う・3・
バルバトスの形態は4から6までがすき
やはり第4形態の肩の印象がつよいが
第6形態もマントとか陣羽織みたいでいいと思う
グレイズリッターの肩だから騎士ではないか(指摘
まあオルフェンズ2期をやるとしよう

バンダイ的には新しい主役ガンダムを売る必要があるとしよう
いや、ある(確信

つまりバルバトスは最終話でぶっ壊れる運命・・・

うっ!

バルバトス第12形態(いみしん
個人的にはそれでも良いよ・3・;
来週のタイトルは鉄華団

つまり・・
うっ!!!!!!!!!!!!!!!1(ネタバレ

留守番組が急に救援にきた(たぶんモンタークさんのちから)のは、
いらんキャラはここで処分しとくぞというスタッフの意思のあらわれに感じる。

おお・・おおお・・・

みんなしにます(ネタバレ

続き物やるのに前作のキャラがみんな死ぬとかなんかアレではあるが・3・;

新キャラやメインキャラに昇格するキャラにスポットをあてる場合、
いままでのキャラが出てこなくなるもっともな理由がないと、
ファンは納得せんでしょ!

話の途中で死ぬのは、強引だが出てこない理由にはなる。
いるはずなのに空気だったダブルオーよりましでしょ!

ハブラレヤ・3・;
最初は選ばれし者だけがシャトルに乗ったのかと思ったが、
次の話で留守番組の方が少ないのではという勢いで大移動していると知って唖然とした・3・;
しににきたのよ!

次回 あきひろ死す
デュエルスタンバイ!

ギャラルホルンに喧嘩を売りつつあれだけぞろぞろ降りて、
帰る方法を具体的にいくつか考えてなかったオルガの無計画ぶりがすごい・3・;
せからしか!
我が団長ぞ!

ビスケット「ついていけぬ

ブラック企業に嫌気がさして独立企業し、
苦渋の決断を重ねている内に前職を上回るブラック企業になってしまう例は、
リアルでも割とある話らしい。
こんなはずではなかった
元々クライアントの意向を尊重するという名目の、
「やれっ」「ハッ!」なスタイルだったが、
フミタンとビスケットが死に、
クーデリアとオルガを諌める人物がいなくなった事で暴走が加速している・3・;

メリビット「もう何も言えぬ うっううっ」

アトラはクーデリア教の熱心な信者だし、
鉄華団の団員に至っては
オルガ「会社の為に死ね!」(そのままの意味で)
団員「わかった!」
という社畜ぶり・3・;

あんたたちの幸せは社のために死ぬことよ!!
捨て駒にされるのが嫌で反乱を起こしてまで鉄華団を立ち上げたのに、
捨て駒作戦を行わざるをえなくなるという現実ぞ!

異郷の地で果てる運命にあるぶん、CGS時代よりひどい・3・;

「まずはいろんな仕事をこなして信頼を得ようぜ」の一発目がクーデリア護衛だったという悪夢のなせる技か。
おお・・・

関わった時点で詰んでいたのよ!
もはやその身をもって火星独立の礎となるしかない・3・;

最終回は最終回だが、
ダブルオー1期の最終話みたいに「つぎはこんな話やるぜ!」というのをチラ見せして、「次の話が待てない」から「半年後が待てない」にレベルアップする危機感もある。うっ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。